栄東まちづくりの会規約

栄東まちづくりの会規約

平成15年4月1日制定
平成26年4月1日改正

(目 的)

第1条 本会は「楽しいまち・住みよいまち・住みたくなるまち」を信条として、明るく、安全で、住みやすく、働きやすく、地域の暖かさを感じるまちづくりの実現に寄与することを目的とします。

(名 称)

第2条 本会は「栄東まちづくりの会」と称する。

(事業の対象地区及び会員)

第3条 本会の事業対象地区は名古屋市の中心市街地の商業・業務の集積地区であり、住居地区でもある中区栄4丁目、5丁目」(以下、「栄東」という。)とする。
2 本会の会員は栄東に商業・業務を行う者、勤務する者、居住する者のうち、本会の趣旨に賛同し、その目的達成のために積極的に活動に参加する者で構成する。

(事務局)

第4条 本会の事務局は栄東地域内におく。

(事 業)

第5条 目的に基づく栄東のまちづくりのため、下記の事業を行なう。
(1) 商業・業務地区としての活性化活動
① 地域の賑わいの創出
② 会員の事業の健全な発展
(2) 住民自治活動
① 防犯、防災、環境美化など安心、安全で快適なまちづくり活動
② 会員及び栄東の住民等の相互の扶助、福利厚生の向上
(3) 外国人との共生活動
① 栄東を中心として居住又は勤務する又は事業を行う外国人との共生のためのイベント
② その他外国人との情報交換等、共生に資する活動
(4) 地域の文化・芸術の振興活動
① 文化・芸術の発信地としての活動
② 地域の文化・芸術活動の支援
(5) 啓蒙活動
① 機関紙の発行
② 栄東の認知度の向上、魅力発信のための広報宣伝活動
(6) 上記目的のための調査、研究
(7) その他

(役 員)

第6条 本会には次の役員を置く。
① 会長1名、副会長若干名、理事長1名、副理事長若干名、会計1名、会計監査2名、理事50名以内とする。
② 会長は会を代表し会務を統括する。理事長は会務の執行にあたる。
③ 顧問、参与、相談役は理事会の承認を得て会長が委嘱することが出来る。

(役員の選出)

第7条 本会の会員の中よりそれぞれ推薦された若干名(50人)を理事とする。
2 会長、理事長は互選により決定する。副会長は会長が委嘱し、副理事長は理事長が委嘱する。

(会 議)

第8条 本会の会議は総会、理事会とし、いずれも会長が召集する。

(総 会)

第9条 総会は通常総会と臨時総会とし、通常総会は年一回、臨時総会は会長が必要と認めたとき会長が召集する。
2 総会においては次のことを議決する。
① 規約の変更
② 毎年度の事業計画及び収支予算案、事業報告及び決算報告に関する事項
③ 解散
④ その他

(理事会)

第10条 理事会は正副会長、正副理事長、理事により構成される。
2 理事会は必要あるとき逐次開催する。

(議 決)

第11条 会議は会議の定員の半数以上が出席しなければ成立しない。又、議決は出席者の過半数の同意を持って行なう。

(実行委員会)

第12条 本会は事業を遂行するために実行委員会を設置することができる。その組織及び運営に関する事項は各実行委員会で決する。

(事業年度)

第13条 本会の事業年度は1年とし、毎年4月1日に始まり、3月31日をもって終わる。

(経 費)

第14条 本会の運営の経費は下記によって賄うものとする。
① 会費
② 協力金、寄付金
③ 助成金
④ その他

 

Translate »